儲ける&儲かる!株式投資

厳選推奨銘柄を大公開。CFP(R)が株の買い方を解説。毎日訪問で初心者が株取引のプロに。

羽振りが良かった兄が「財産よこせ」と豹変

こういったことを最近、よく耳にします。

 

現役時代は「財産は要らない」と強がっていた兄に訪れた悲運

江幡 吉昭

 はじめまして。私は相続を生業としている弁護士や税理士等の専門家で組織された協会、相続終活専門士協会の代表理事を務める江幡吉昭と申します。本連載では、我々が幾多の相続案件の中で経験した事例を何回かに渡ってご紹介したいと思っています。

 伝えたいことはただ一つ。どんな仲が良い家族でも相続争いに巻き込まれると「争族(あらそうぞく)」になってしまうということです。そこに財産の多寡は関係なく、お金があろうとなかろうと揉めるものは揉めるのです。そうならないために何が必要なのでしょうか?具体的な事例を基に、考えてみたいと思います。

 第一回は「相続人は本来なら全財産を相続できたはずなのに、相続人の心変わりによって当初とは全く異なる遺産相続になってしまった…」という話です。結論としては、「遺言を書いておけば避けられた争い」です。それでは見てみましょう。

  • ●登場人物(年齢は相続発生時、被相続人とは亡くなった人)
    • 被相続人 姉81歳(元私立有名大学教授、東京在住)
    • 相続人① 兄71歳(元個人事業主、大阪在住)
    • 相続人② 弟70歳(元大手金融機関サラリーマン、定年退職者、東京在住)
  • ●財産 現預金6000万円、都内に戸建自宅約4000万円、合計1億円
  • ●生前の合意では兄0:弟100(兄0円、弟現預金6000万円、自宅4000万円)
  • ●実際の相続発生後の分割は兄50:弟50(兄:現預金5000万円、弟:自宅4000万円+現預金1000万円)
  •  被相続人は長く大学の教授を務めた学者であり、生涯未婚を貫き、子供もいなかったため、比較的現預金が残っていたケースです。

     姉は10年近くに渡り長く介護状態にあり、姉の面倒は同居の弟夫婦が見てきました。その様子を見ていた兄は常々、「姉の面倒をオレの代わりに見てくれて助かってるよ。だから、姉の財産は全部お前が相続すればいいよ。オレは必要ないよ」と弟に言っていました。というのは、兄と姉は学生時代から仲が悪く、とくに兄が現役の時はフランチャイズで何店舗もお店を経営しており、羽振りの良かった兄としては姉の財産を相続すること自体、プライドが許さなかったのでしょう。

     お金に困ってなかったからこその余裕のある発言でした。

    「3.11」で人生が変わってしまった兄

     ところがです。その数年後、実際に姉が亡くなると兄は「オレも相続人なので姉の財産を半分よこせ」と前言を撤回してきたのです。そんな兄の心変わりには理由がありました。

     姉が亡くなる数年前に個人事業を止め、引退したのですが、その時店舗を売却して残ったお金が約5000万円ありました。それを退職金代わりに受け取った兄は東京電力の株に全額投資したのでした。

     当時は電力会社の株は値動きも安定し、配当も一定額もらえるので退職金の運用先としてとても人気がありました。兄は5000万円すべてを東京電力株に投入したのですが、当時の東京電力は1株当たり60~70円の配当金を株主に支払っていました。兄の場合、年間でおよそ75万円の配当収入がある計算で、年金も含めれば十分に生活を送れるはずでした。

     ところが2011年に東日本大震災が起きて東京電力株は暴落。2011年度以降は配当金もゼロ円となってしまいました。これでは、兄夫婦の老後の算段は狂ってしまいます。そんな時に姉の相続が起きたのでした。だからこそ、お金に困った兄は姉の相続財産に期待したというわけです。

     今回のケースは、遺言を姉が用意しておけば弟にすべての財産を渡すことができたはずでした。なぜなら、兄に遺留分はありません。遺留分とは、一定の範囲の法定相続人に認められる、最低限の遺産取得分のことです。親からの相続と異なり、兄弟姉妹間の相続に遺留分はないのです。

     しかしながら、遺言がない以上、兄にも法定相続分が認められるため、兄にも姉の財産を半分相続させることで決着を付けることになりました。

     ただし、兄と弟の関係性以上に、兄夫婦、弟夫婦の関係性が非常に悪くなり、姉の相続以降、姉の法要は別々に執り行うことになってしまいました。金額以上に、兄弟間の仲まで険悪になってしまったのです。

     今回のケースは、もし姉が遺言を書いておれば、このように金銭的にも感情的にももつれることはなかったでしょう。

     姉が遺言に「弟に介護の面倒を見てもらったので自宅や現金はすべて弟に相続させたい、兄は東京にはおらず、大阪にいたわけだし、本人も了承していたので財産をもらえないことに納得してくださいね」というような内容です。

     本来ならば遺留分は遺言よりも優先されるものですが、兄弟間の相続に関して言えば先ほど申し上げた通り、遺留分はありません。よって今回は遺言を書くことで揉め事が避けられたのではないか、と思われるケースです。

     なお、上記のように遺言に関して「なぜ誰に財産を遺して、誰に財産を遺さないのか、遺言作成者の想い」を書くべきです。遺言には通常最後に「付言事項」として想いを書くことができるのです。とくに財産をもらえない人、多めにもらえる人に関してはその理由を付言事項として書くべきだと思います。

    「前言撤回」となるケースも多々ある

     また、他の人のケースですが、親が生きているときに親の財産を相続人間で「どう分割したいか」話し合うケースも多々あります。この時は相続人の皆が60歳以下で仕事をしていれば毎月のキャッシュが安定的に入ってきますので「オレは要らないよ」というような人が出てくるかもしれません。

     しかし、人生は長く、どんな出来事が待っているか分かりません。定年退職や病気で経済状況が大きく変わった場合、「前言撤回」となるケースも多々あるのです。

     どんな家族も相続争いで「争族」になり得るということを念頭に入れておくべきでしょう。よって、遺言は早めに書いておいた方がいいわけです。この年末、親族で集まった際に話をしてみたらいかがでしょうか。