儲ける&儲かる!株式投資

厳選推奨銘柄を大公開。CFP(R)が株の買い方を解説。毎日訪問で初心者が株取引のプロに。

権利落ち分埋め小幅上昇

 29日の日経平均株価は小幅に上昇し、3月期末の配当の権利落ち分(約130円)を埋めた。権利落ちで割安感の出た銘柄や好業績を期待できる銘柄への買いが優勢だった。
 権利落ちを考慮すると、実質的に140円程度高かったことになる。前日の米株高に加え、円相場が1ドル=111円台前半となり、投資家が運用リスクをとりやすくなった。一方で権利を確定した投資家の手じまい売りがJALや大東建などに出て、相場全体の上昇は限られた。