儲ける&儲かる!株式投資

厳選推奨銘柄を大公開。CFP(R)が株の買い方を解説。毎日訪問で初心者が株取引のプロに。

ロボアド成長中、投資の相棒に―実際に使ってみたら…、リスク取り運用益7%、ウェルスナビ、株が8割。

 「十分満足できる運用成績だ」と喜ぶのは、ウェルスナビ東京・千代田)のロボアドを6月から使っているコンサルティング会社勤務の垣中元和さん36)だ。米国株高を追い風に運用益は現在ドルベースで7%円では4%)のプラス。想定以上の好成績に追加投資も検討中だ。
 数年前から子供の学費をためるため資産運用を考えていた。だが会社のルールで国内株や国内ETF不動産投資信託REIT)は買えない。その中で選んだのが、会社の規則に触れない海外ETFで運用するウェルスナビのロボアドだった。
 前の職場では株を買っていたため金融知識は比較的豊富。最初は海外株や投信も考えたが、自分でポートフォリオを組む手間やコストを考えると、専門家に一任した方が良いと判断。ウェルスナビの運用手数料は資産残高の1%と「2~3%が一般的な金融機関のラップ口座より安い」と考え、100万円を投じた。
 垣中さんの資産配分は株が全体の8割を占め、債券などの比率は低めだ。ウェルスナビの運用は海外ETFのため、為替リス クを抱える。円高・ドル安に振れても一定の運用益を稼ぎたいと考えて期待リターンは年5%と同社の資産配分ではハイリスク・ハイリターンの組み合わせを選んだ。
 6月の購入直後、英国の欧州連合EU)離脱決定で運用成績が悪化したが「中長期でみれば回復する」と動じなかった。相場急落時は「株などを安く買える好機」と考え、今後は月5万円程度の積み立てを始める予定。資産を1000万円まで増やすのが当面の目標だ。